【wiki経歴】宮本元気機長の階級は?責任感の強い優秀な飛行士だった!

1月2日の夕方

羽田空港に着陸した日本航空機と

海上保安上機が衝突するという痛ましい事故が発生しました。

この海上保安庁機に乗っていた機長の宮本元気さんは脱出し無事が確認されています。

宮本元気機長の経歴についてまとめていきます。

\こちらもチェック!/

宮本元気機長のwiki経歴!

パイロット

 

宮本元気機長プロフィール

宮本元気機長のプロフィールはこちら。

  • 名前:宮本元気
  • 生年月日:不明(1984年~1985年生まれ)
  • 年齢:39歳(2024年1月現在)
  • 出身:兵庫県
  • 大学:海上保安大学校卒
  • 所属:第三管区海上保安本部(羽田航空基地所属)
  • 階級:一等海上保安正
  • 役職:上席飛行士

宮本さんは海上保安大学の53期生として卒業しています。

 

海上保安大学の卒業生の声として取り上げられていました。

新聞

 

私は、羽田航空基地で飛行機のパイロットとして勤務しています。旅客機は、ほぼ同じ飛行経路を時間どおりに飛行しますが、海上保安庁の航空機は、様々な事案や状況に対し、臨機応変に対応しなければなりません。また、海上保安庁の航空機には、パイロットだけではなく、通信士や整備士などが乗組員として搭乗しており、機長(パイロット)は、それら乗組員を指揮しながら航空機を運航します。時にはそれらにプレッシャーを感じることもありますが、乗組員それぞれがプロとして役割を果たし、無事に任務を全うすることができた際は、チームとしての一体感と非常に大きな達成感を感じることができます。
引用:https://www.jcga.ac.jp/admission/voice/kanku.html

 

宮本さんの仕事に対しての熱意が伝わりますね。

責任感のある方だということがわかります。

スポンサーリンク

 

経歴は?

海上保安大学を卒業後の宮本さんの経歴についてみていきましょう。

 

宮本さんの現在の所属は

第三管区海上保安本部(羽田航空基地所属)
 
実績としては
  • 総飛行時間:3641時間1分
  • 機長歴:4年11か月
  • 機長就任後に飛行時間:1149時間33分

となっています。

 

宮本さんらしき人物のFacebookには

千歳市在住

と記載がありました。

 

こちらのアカウントは海上保安大学を卒業後に立ち上げたもののようですので、

大学を卒業後は第一管区海上保安本部(千歳航空基地)に所属されていた可能性が考えられます。

文字

 

階級と役職は?

宮本さんの階級はというと

一等海上保安正/上席飛行士

 

一等海上保安正といっても

いまいちよくわからないという人がほとんどだと思います。

 

海上保安庁の階級について詳しく調べてみると

一等海上保安正はちょうど中間に位置しているようです。

 

階級

 

そして役職のところをいてみると”上席○○”と記載がありますね。

文字

 

宮本さんにあてはめると

階級:一等海上保安正
役職:上席飛行士

ということになります。

スポンサーリンク

 

宮本元気機長は責任感の強い優秀な飛行士

宮本さんは海上保安大学のインタビューにもあったように

チームワークを大切にしているように思えます。

乗組員それぞれがプロとして役割を果たし、無事に任務を全うすることができた際は、チームとしての一体感と非常に大きな達成感を感じることができます。

 

そんな宮本さんは誰からも慕われる上司だったに違いありません。

 

今回の羽田空港の事故では

宮本さんの他に5名が搭乗していましたが残念ながら助かりませんでした。

とても心が痛くなる痛ましい事故に

宮本さんの心境が心配されます。

\こちらもチェック!/

スポンサーリンク
話題
fam news
×