与那覇勇気の戦績と経歴まとめ!引退して這い上がってきた過去がやばい!

男性 スポーツ
スポンサーリンク

沖縄県出身の与那覇勇気選手が那須川天心選手のデビュー戦の相手に決定しました。

4月8日に東京・有明アリーナで行われ、Amazon プライム・ビデオで生配信されます。

与那覇選手は一度引退されていた過去があります。

またボクシングの世界へ戻ってきた与那覇選手。

戦績や経歴をまとめてみます!

目次上

与那覇勇気プロフィール

名前:与那覇 勇気(よなは ゆうき)
生年月日:1990年12月31日
年齢:32歳
身長:169cm
出身地:沖縄県南城市佐敷
中学校:南城市立佐敷中学校
高校:沖縄尚学高等学校
大学:東洋大学
目標:マイク・タイソン
与那覇選手には二人の弟さんがいるようです。
柔道をしているみたいですね。

父親の友人”金城眞吉さん”に誘われ「沖縄尚学高等学校」へ進学したとの経緯があります。

 
金城眞吉さんとは?
ボクシング王国・沖縄を築いた具志堅用高氏の師匠。
興南高校と沖縄尚学高校で計45年間ボクシングを指導し、沖縄で多くの名ボクサーを育てた人物。
金城さんが手がけた最後の高校王者が与那覇勇気選手だそうです。

ボクシング界ではとても名誉ある金城さんとの繋がりが大きく人生を変えるきっかけになったのでしょう。

スポンサーリンク

与那覇選手の経歴

与那覇選手は小学校は空手を習っていたそうです。

そして中学校では柔道高校ではボクシングと様々なスポーツを経験しています。

15歳からボクシングを始める

15歳からボクシングを本格的にはじめ、2008年には『全国高校選抜大会バンタム級』で優勝し、国体3位になっています。

学生

ボクシングを始めたきっかけは「男の第2欲求(強くなりたい、カッコよくなりたい)を満たす為」だそう。

強くなりたいと思う男性は多いと思いますが、この想いをきっかけにボクシングを始めたのはとてもかっこいいですよね!

2013年 真正ボクシングジムからプロデビュー

東洋大学へ進学し、アマチュア戦績は63戦50勝(27KO)13敗。

大学卒業後2013年に真正ボクシングジムからプロデビューしています。

その後も力強い試合を持ち味とし、活躍していきます。

2016年ボクシングを引退

2016年7月28日長嶺克則さん相手に行った試合で与那覇選手は2R TKOで負けてしまいました。

その時に「負けても悔しい気持ちがなかったから」という理由でボクシングの引退を決意したそうです。

その後はをジムのトレーナーに転向し、女子ボクシング選手を世界チャンピオンに育てあげています。

与那覇選手はトレーナーとして教えているうちに「また選手として戦いたい」といった闘争心に火がついて28歳の時に現役復帰をしました。

スポンサーリンク

与那覇勇気の戦績

一度引退し、またボクシングの世界へ戻ってきた与那覇選手。
戦績をみていきましょう。

アマチュア戦績

アマチュア階級:バンタム級

63戦50勝(27KO)13敗
与那覇選手は高校3年生の時に全国高等学校選抜大会でバンタム級優勝しています。
 
アマチュア時代の戦績をみると勝ち試合50のうち半分以上がKO勝ちといった驚くべきパワー!

与那覇選手は「自分のパンチは空振りでも会場がどよめく。当たったら倒れる」というパワフルさが強さの特色だと話しています。

アマチュア時代の戦績をみても与那覇選手の強さがわかりますね。

プロ戦績

プロ階級:バンタム級/スーパーフライ級/スーパーバンタム級

17戦12勝(8KO)4敗1分
与那覇選手は2016年に一度ボクシングを引退しています。

2013年にプロデビューしてから2016年の引退までの戦績は10戦7勝(5KO)3敗

 
復帰した2019年からの戦績は7戦5勝(3KO)2敗1分
 
復帰してからはスーパーフライ級、スーパーバンタム級あたりで試合をしているようですね。
やはり素晴らしいKO率ですね!
バンタム級日本人ランキング4位
東洋太平洋ランキング14位
スポンサーリンク
 

まとめ

那須川天心選手がボクシングへ転向しデビュー戦の相手として決定した与那覇勇気選手の戦績についてでした。

イケメンで好青年でありながらボクシングの戦績もすごい選手です。

一度引退し、またボクシングの世界へ戻ってきた分、勝ちに行くといった気持ちは大きいのでしょうね!

デビュー戦が楽しみです!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました
×